僕は君とは違うんだ

こうゆうセリフ聞いたことありません?

そんなんあたりまえじゃー!!!

前の日記のブログで僕がそこまで惹かれないゴッホの作品にとてつもなく多くの人が虜になっていると書きました。なぜでしょう?

「僕は君とは違うんだ」
そうなんです。あっでも僕がただの変なやつって意味ではないんです。

ほんとに人間って面白い。話し方、感じ方、動き方、生き方、ほんと何から何までそれこそ十人十色です。いつも隣にいる人もあなたではありません。あなたは一人しかいません。全く同じ人なんていない、だからいろいろ争いも起きるし、人生楽しい。最近つくづく思います。

今でこそ、こういったことを感じれるようになったのですが前までは、僕はジャイアンでした。
俺のものは俺のもの、他人のものも俺のもの。
言い換えれば
俺は俺、他人も俺と一緒。
前の僕はこう考えて行動していました。その結果どうなったか。なんでも押し付けます。自分が考えてることは他人も同様に考えてるはずだと思いこんでいるので。

最後に。僕はみんなにタイトルを逆転させて考えてほしいんです。つまり

君は私とは違うんだ

こう考えるともう自分の意見を相手に押し付けはしなくなるかもしれませんね。
[PR]
by ecaep_dlrow | 2005-06-24 12:19 | 信念


<< MAFGA ゴッホ展 >>