自分が一番楽しむのだ

僕は(こう見えて?)人に気を使うほうなんです。
でもたまに人に気を使いすぎて自分を犠牲にしてしまうときもありました。

たれのキャプテンになったときに何人かの先輩が教えてくれました。
「キャプテンが一番楽しまないと」
この言葉を聞いたとき僕が思ったことは
「キャプテンならみんなに楽しんでもらえるようなサークルにするために自分を犠牲にしてでもがんばらなあかんのとちゃうんかな。」

サークルが始まり、やっぱり始めのうちはどうやったらみんなに楽しんでもらえるか、そればかり考えていました。でもそのうち気づいたのです。

人のことばかり気にして自分が楽しむことを忘れていたと。
いつも練習してたら楽しいのに、人のことばかり気にしいると自分が楽しむのを忘れていたと。
終わったあともまるで自分がバスケしてなかったように感じることもあったかな。
このままやとキャプテンとしての自分はどうなるんだろ。
そしてサークルのみんなは楽しんでくれているのだろうか。

そこでどういうときに自分がサークルで楽しんでいたかを考えました。
それは自分が笑って、一生懸命プレーしていることです。
それをイメージしてみました。
するとそのイメージの中での自分はとても笑っていました。
そしてサークルのみんなも笑っていて楽しそうでした。
いつもどうやったら楽しんでもらえるかを考えているときには周りのみんなは、笑ってなかったし、もちろん自分も笑ってなかったです。

そういえばそうですよね。サークルを楽しんでなさそうなキャプテンに楽しくなさそうな顔で話しかけられたり、キャプテンの楽しくなさそうな顔見ると、サークルのみんなも楽しくなるわけないですよね。
それに気づいて僕はまず自分が一番に楽しむことを考えるようにしました。
どう楽しむか。笑って、一生懸命プレーして。
その中にもちろんサークルのみんなも楽しんでいてくれることって要素も含んでいます。

今はサークルにいて楽しめています。ある程度は。
でも最終的に最高に自分が楽しむことができるのはそれはマネージャーを含め、サークルみんなが楽しむことができてからだと思います。

なんだかまとまってるのかわからなくなってきたのですが。
自分が楽しめるためにはみんなも楽しんでいてくれるという要素が入っているということは、結局は人に気を使わないといけないということです。
でもそれが自分なのだと思うし、それでいいと思います。
とにかく今は(結局今も?w)どうやってみんなが楽しめるサークルにするかということを考えています。
そのためには「みんなが」じゃなくて「○○が」だとか「○○さんが」だとか一人ひとりに焦点をあてるべきときもあります。そうやってみんなに気を使えるようなポジションに立てたことをありがたく思います。
[PR]
by ecaep_dlrow | 2005-10-31 22:20 | 信念


<< ダイエットの秋 第2弾 良い悪いじゃない自分の意見 >>