人間は忘れる動物

生まれてからまだ20年弱経っていろいろな経験をしてきました。
20年で計算するともう175,200時間も生きてきました。
その莫大な時間のなかで莫大な体験をして、いろんなことを学んできました。

でも、今思えば自分の中に何が残ってるのだろな。
そのうちのほとんどは忘れてしまったような気がする。
まだまだ若いって言われるけど、もうしっかり20年も生きてきた。

人間は忘れる動物ですね。
だから忘れないように戦勝記念日とか終戦記念日だとかやるんだろう。
何かしないと忘れてしまう、そんな動物、人間。

今思い出せる分で、僕の人生は20年分はないだろう。
昨日見た映画、先月見た映画、去年見た映画。
そこから学んだものをちゃんと思い出せるかな。

映画の内容は覚えてなくてもいいけどそこから学んだものはちゃんと自分の中に落とし込んで自分のものにしなきゃ。それが自分を形成していくだろうし、それが今後人生を生きていくうえで助けになることもあるだろう。

あなたが学んだものはあなたのもの。
それを置いていかないで、その学びと共に生き、さらにその学びを発展・進化させていく
そんな人はすばらしい。

僕の言っていることにそぐわないかもしれませんが・・・
アインシュタインがこんなことを言ってます。

「教育とは、学校で習ったことをすべて忘れた後に残っているところのものである。」

[PR]
by ecaep_dlrow | 2005-11-13 17:58 | 信念


<< 人間は忘れる動物 Ⅱ ジョハリの窓 >>