人間は忘れる動物 Ⅱ

前回『忘れる』という言葉を僕は使いました。
『忘れる』ってなんなんでしょうね?

忘れる=記憶が表層意識から潜在意識になる

という考えもあるらしいです。この考えでは忘れるとは、記憶が潜在意識に移っただけなので頭から記憶がなくなるわけではないということですね。

大事なのは潜在意識にいく際にどういったラベルを付けるかどうかですね。
KJさんが言っているように「この感動を心に刻んでおこう」って思うことで【大切なもの】というラベルを付けて潜在意識にすることができるのではないでしょうか。すばらしい感動にしっかりと【大切なもの】というラベルをつけてますか?潜在意識には毎日毎日数多くの記憶が流れ込んでくるので、しっかりとラベル付けをしないと膨大な記憶の中にほんとは【大切なもの】なのに【普通のもの】の仲間として埋もれてしまうかもしれないですね。

だから1日1日をしっかりと味わって生きていかないといけないと思います。
1日1日家に帰ってお風呂に入っているとき、ご飯を食べているとき、寝る前などにちゃんと今日1日何があったのかを振り返り、ラベル付けしてあげることが大切です。

【大切なもの】や【教訓】というような自分にとって重要なラベルと付けられた大量の記憶があなたを形作っているのです。yurryがゆっていることと同じようなことですかね。
「人を大切にしたい」という言葉も、それを感じた体験もしっかりと自分にとって重要だというラベルを付けて、潜在意識にしたなら、それがあなたの信念になるでしょう。その上からまたどんどんいろんな自分にとって重要だというラベルを付けられた記憶が積み重なっていくことによってその信念は変化していくこともあるでしょう。自分を形成していくであろうものをしっかりとラベル付けするということはとても重要なことですね。

深層心理にはあなたが生きてきたすべての記憶が詰まってます。その記憶をどのようにラベル分けして、どのようにあなたを形作っていくかはあなた次第かもしれませんね。

僕は記憶が深層心理から呼び起こせないとすごく嫌です。
だからこのBlogもそうですし、なんでも書いて、写真にするのでもいいですね、ちゃんと後からでも見てわかる形にして残していくようにしています。自分を形作るものが言葉にされているのを見るのはなかなか面白いですよ☆
[PR]
by ecaep_dlrow | 2005-11-16 18:35 | 信念


<< Little Birds 人間は忘れる動物 >>