WHY to HOW

なんでこんなことしてしまったんやろう。
なんで人を傷つけてしまったんやろう。
なんでこんなことわからんかったんやろう。

なんで・・・

なんで・・・

なんで・・・

こういったように、なぜ、なぜ、なぜ・・・
と考えている人を想像してみてください。

背中は丸まり、肩も前に落ち、頭も下がっていることでしょう。
そして、負のオーラがその人を包んでいるかもしれません。


8月のことです。僕がボランティアをしているとき、アメリカ人のPaul(58)がこう言いました。

―俺たちアメリカ人の考え方を教えてあげる。俺たちにはできないことなんてないんだ。そう、なんでも可能。理由はこのAmerican Spiritにあるんだ。何か問題に出会ったとき俺たちは常にHOWと考える。どうやったらこの問題を解決できるかと常に考えている。WHY、つまり、何故できないのかは基本的に考えないんだ。だから常にどんな問題でも解決できる。そう信じていきているんだ。

このPaulが言うAmerican Spiritをアメリカ人すべてが持っているかわかりません。というより、今回これを通して伝えたいことは、このPaulが言うAmerican Spiritのすばらしさ。

常にどんな問題でも解決できると固く信じて、解決策を見つけ、生きていく。
すばらしいではないですか。

僕はPaulの言うAmerican Spiritを少し変えて自分流にして取り入れております。

―俺たち人間にとっては、自分が望めばすべてのことが可能なんだ。そう、なんでも可能。そのSpiritはこれなんだ。何か問題に出会ったときに常にHOWと考えてみよう。つまりどうやったらこの問題を解決できるかを常に考えるんだ。WHY、つまり、何故できないのかを少し考えて、そこから大きな学びを得て、それも生かしながらHOWと考えるんだ。だから常にどんな問題でも解決できる。そう信じていきているんだ。


こうやって問題の問題点を見つめるのではなく、問題の解決策に目を向けていけば人生もっと楽しくなるはず。

問題に出会ったときには背伸びをして、深呼吸して、上を向いて、解決できることを信じて、HOWを考える。こうやって正のオーラに包まれながら問題を解決するのを楽しめるといいですね。
[PR]
by ecaep_dlrow | 2006-12-29 07:12 | 信念


<< Alternative Lif... 大きくなったらサンタさんになり... >>