カテゴリ:信念( 37 )

誰が実行したか

「これを達成できたのも君のおかげやわ」
ある人がある出来事を達成したとき、それをサポートしてくれた人にこういうことを伝えています。
感謝の言葉を伝えるのはとてもいいことですね。
こういった感謝の言葉みなさんは言っていますか?

YESの人はすばらしいです。しかし、このすばらしい人たちの中には何かを忘れている人もいます。それは何でしょうかね。
「これを達成できたのも君のおかげやわ」
この言葉の前にもう一人褒めてあげる必要がある人がいるのではないでしょうか。

それは自分自身です。
何かを達成した。それは誰か他の人がサポートしてくれたからだ。実際そうかもしれません。
しかし、それは誰が実行したために達成できたのでしょうか。自分自身です。
自分自身が実行することなしでは、何も達成できません。
どれだけすばらしいサポートを受けても自分自身がやろうと決めて実行しなければ達成できません。どれだけ他の人に助言を受けたとしても最後に達成するために使った能力は自分自身の能力です。

何度も言いますが実行して、達成したのは自分自身です。
そんな自分を褒めて、その能力を承認しないままだとどうなるでしょうか。
自分に対する自信がそこまでつかなくなってしまう可能性もあります。
「君のおかげで」「あの人のおかげで」「彼のおかげで」・・・自分は?

僕もこのことに気づくまで自分をちっとも褒めたり、承認したりしたことはありませんでした。
「君のおかげで」「あの人のおかげで」「彼のおかげで」・・・と思うことによって結局自分を承認することを忘れてしまっていたのです。これからは自分を承認していきます。

これは決して「これを達成したのはすべて自分のおかげだ!」という風な、自信過剰な人になってしまう行為ではありません。
「これを遂に達成できた。よく最後までがんばったね。」とまず自分自身に伝えてあげます。
その後でこれを達成できた背景には誰がサポートしてくれていたのかな。と思いをめぐらすことによっていろんなたくさんの人々に今まで以上に心から感謝することができます。

また多くのサポーターに気づくことによって自分にどれだけ仲間がいるか、またその人たちからの愛を感じることもあるかもしれません。それらに気づくことによってまたいっそう自分がその人たちを愛せたり、その人たちに感謝の言葉を伝えたりすることができたりするでしょう。
[PR]
by ecaep_dlrow | 2005-10-12 12:14 | 信念

自分の旗

そういえば前回の記事で紹介した本読んでる間に、もう1冊読んでました。
友達に借りました。
その本は高橋歩編著「人生の地図」というものです。
その中の僕の心に残った言葉を1つ紹介します。

「自分の旗」を掲げるとしたら、大きな字で、なんと書く?

というものです。
僕は・・・なんでしょう。
パッと思いついたのは「やさしさ」か「笑顔」かな。
どっちかというと「笑顔」です!
まだまだその旗を掲げて街中を歩けるほどではないけど、自分が生きてゆく中で1番忘れたくないものという意味で、「笑顔」を掲げようと思います。その旗を一生掲げていったときの自分の未来は明るいと信じています。

みなさんならどんな旗を掲げますか?
[PR]
by ecaep_dlrow | 2005-08-20 20:46 | 信念

必要な物をまず与えよ

みなさん、自分が人から笑顔、友情、愛情などが欲しいって思ったらどうしますか?

今日僕は1冊の本を読み終えました。たしか6月ぐらいから読み出したような気がします・・・もっとがんがん読まねば。まあそれは置いといてその本はロバート・キヨサキ等著「金持と父さん 貧乏父さん -アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学」です。

この中で僕が1番心に残ったのが 必要な物をまず与えよ という言葉です。

『何かが足りないとか何かが必要だと感じたときには、まず、それを人に与えることだ。そうすればあとになって、二倍も三倍にもなって返ってくる。』と書いてあります。
ほんとにそうかな?って思う人がいるかもしれません。私はこの考えに大賛成です。

例えばこうゆう話を聞いたことがありますか?多くの人は犬のことが好きですよね。愛情をもって接しますよね。なぜでしょうか。それは犬が私達のことをものすごい愛情を持って接してくれるからだそうです。犬は飼主が帰ってくるだけでしっぽを振ってよろこび迎えます。などなど犬を実際飼っている人は犬が人間にくれる愛情の大きさは知っているでしょう。それだけ愛情を無心に与えるとちゃんと返ってくるのではないでしょうか。
その他にもこの前の、あるある大辞典を見た人はわかると思いますが、なかなか笑わない人はものすごい笑う人といれば笑うようになるそうです。

自分ががんばってるのになかなか感謝の気持ちを与えてもらえない。笑って欲しいのに笑ってくれない。こういうときは、まずは自分が相手に対して、感謝して感謝の気持ちを表に出しましょう、笑わせようと必死な顔するのではなくまずは自分が笑いましょう。

『・・・人にしてもらいたいと思うことは何でも、あなたが人にしなさい』(マタイによる福音書第7章12節)
[PR]
by ecaep_dlrow | 2005-08-16 15:51 | 信念

Make Poverty History No.2

前回の僕の頭に浮かんできたものを書き連ねたもの、の続きです。
もう一回前のやつを読んでからこれを読み始めて欲しいです。


彼らの幸せって何?
毎日生き延びるのがやっと
生きている
それが幸せ?
私にはわからない

彼らの夢って何?
明日も生きているかわからない
明日の太陽
それが夢?
私にはわからない

彼らの楽しみって何?
楽しいことがあるのだろうか
彼らはどういうとき笑うのだろうか
私にはわからない

彼らの悲しみって何?
彼らはどういうとき泣くのだろうか
彼らに涙はあるのだろうか
私にはわからない

彼らの 怒り つらさ 喜び
その存在すら
私にはわからない

私は何ができるだろう
[PR]
by ecaep_dlrow | 2005-07-14 06:58 | 信念

Make Poverty History

喉が渇いた いつも手の届くところに水がある
腹が減った いつも手の届くところにパンがある
こんなの当たり前 そう思ってた

今 この瞬間も 世界のどこかで 子供が死んでいく
どんどん どんどん 死んでいく
あなたがあくびしているとき
あなたが爪を切っているとき
あなたが顔を洗っているとき
どんどん どんどん 死んでいく
誰かの 愛する娘
誰かの 愛する息子
親を愛する 子供
親を知らない 子供
彼らが 今 この瞬間にも
3秒に1人
1日に3万人・・・

私は何ができるだろう


なんだか無性に書きたくなって書きました。出てきた言葉をそのまま連ねただけだから、詩ではありません。ただ僕はみんなに知ってもらいたいだけなんです。
more info.
http://www.hottokenai.jp/index.html
i want you to watch the clicking films and know them.
think what we can do.
i couldn't feel nothing.
what did you feel?
or
did you feel anything?
[PR]
by ecaep_dlrow | 2005-07-12 19:27 | 信念

僕は君とは違うんだ

こうゆうセリフ聞いたことありません?

そんなんあたりまえじゃー!!!

前の日記のブログで僕がそこまで惹かれないゴッホの作品にとてつもなく多くの人が虜になっていると書きました。なぜでしょう?

「僕は君とは違うんだ」
そうなんです。あっでも僕がただの変なやつって意味ではないんです。

ほんとに人間って面白い。話し方、感じ方、動き方、生き方、ほんと何から何までそれこそ十人十色です。いつも隣にいる人もあなたではありません。あなたは一人しかいません。全く同じ人なんていない、だからいろいろ争いも起きるし、人生楽しい。最近つくづく思います。

今でこそ、こういったことを感じれるようになったのですが前までは、僕はジャイアンでした。
俺のものは俺のもの、他人のものも俺のもの。
言い換えれば
俺は俺、他人も俺と一緒。
前の僕はこう考えて行動していました。その結果どうなったか。なんでも押し付けます。自分が考えてることは他人も同様に考えてるはずだと思いこんでいるので。

最後に。僕はみんなにタイトルを逆転させて考えてほしいんです。つまり

君は私とは違うんだ

こう考えるともう自分の意見を相手に押し付けはしなくなるかもしれませんね。
[PR]
by ecaep_dlrow | 2005-06-24 12:19 | 信念

「1時間も寝れた」

ここ数日いろんなことをしていろんなことを学びました。
水曜の夜からの深夜のバイトを終え、帰ってきたのは朝6時半。
その後1時間寝て、2年ぶりぐらいに文楽を観に行きました。高校のとき2回観に行ったのですが、そのときは爆睡。しかし今回は日本の文化に触れよう、という意識と楽しみがあったのでちゃんと観れました(途中数分寝てしまったのですがw)。

ここでみなさんならバイトから帰ってきて寝れる時間が1時間だったとしたらどうゆう風に考えますか?

①「1時間しか寝られへんやん!!」

②「よしっ、1時間も寝れる!!」

前までの僕は①の考えをしていました。しかし今は②のように考えれるようになりました。②のように考えたときのメリットはなんでしょうか?やはり①の考えよりは、起きたときの疲労度は少ないでしょう。そして起きたときに、
「やった、1時間も寝れた」
と考えることでその一日の自分の気持ちは変わってくるでしょう。もし①のように考えると何かに失敗したときは、
「1時間しか寝てないからしかたがない」
という言い訳で自分の失敗の本当の原因を直視できない場合もでてくるかもしれませんね。

よく聞く "positive thinking" という言葉の本当の意味はこういうことだと思います。日々 "positive thinking" ができるようになったときの自分を想像してみてください。それではその自分に向かって歩き出しましょう。
[PR]
by ecaep_dlrow | 2005-06-11 09:41 | 信念