<   2006年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

WHY to HOW

なんでこんなことしてしまったんやろう。
なんで人を傷つけてしまったんやろう。
なんでこんなことわからんかったんやろう。

なんで・・・

なんで・・・

なんで・・・

こういったように、なぜ、なぜ、なぜ・・・
と考えている人を想像してみてください。

背中は丸まり、肩も前に落ち、頭も下がっていることでしょう。
そして、負のオーラがその人を包んでいるかもしれません。


8月のことです。僕がボランティアをしているとき、アメリカ人のPaul(58)がこう言いました。

―俺たちアメリカ人の考え方を教えてあげる。俺たちにはできないことなんてないんだ。そう、なんでも可能。理由はこのAmerican Spiritにあるんだ。何か問題に出会ったとき俺たちは常にHOWと考える。どうやったらこの問題を解決できるかと常に考えている。WHY、つまり、何故できないのかは基本的に考えないんだ。だから常にどんな問題でも解決できる。そう信じていきているんだ。

このPaulが言うAmerican Spiritをアメリカ人すべてが持っているかわかりません。というより、今回これを通して伝えたいことは、このPaulが言うAmerican Spiritのすばらしさ。

常にどんな問題でも解決できると固く信じて、解決策を見つけ、生きていく。
すばらしいではないですか。

僕はPaulの言うAmerican Spiritを少し変えて自分流にして取り入れております。

―俺たち人間にとっては、自分が望めばすべてのことが可能なんだ。そう、なんでも可能。そのSpiritはこれなんだ。何か問題に出会ったときに常にHOWと考えてみよう。つまりどうやったらこの問題を解決できるかを常に考えるんだ。WHY、つまり、何故できないのかを少し考えて、そこから大きな学びを得て、それも生かしながらHOWと考えるんだ。だから常にどんな問題でも解決できる。そう信じていきているんだ。


こうやって問題の問題点を見つめるのではなく、問題の解決策に目を向けていけば人生もっと楽しくなるはず。

問題に出会ったときには背伸びをして、深呼吸して、上を向いて、解決できることを信じて、HOWを考える。こうやって正のオーラに包まれながら問題を解決するのを楽しめるといいですね。
[PR]
by ecaep_dlrow | 2006-12-29 07:12 | 信念

大きくなったらサンタさんになりたぁ~い!!

グリーンランド国際サンタクロース協会・公認サンタクロース試験内容

体力測定(プレゼントを持って50m走って、煙突を登って、暖炉から出てきて、もみの木の下に持ってきたプレゼントの箱をおいて、並々と注がれた牛乳と山盛りのジンジャークッキーを全部平らげて、また暖炉から煙突に入ってスタート地点に戻ってくるというもの)
HoHoHoの発声試験(HoHoHoだけで宣誓文の音読)
長老サンタクロースとの面接など4日間の試験

受験条件:
結婚している
子供がいる
体重は120Kg以上
他のサンタと良好なコミュニケーションがとれる
など



叶わない夢なんてないんだ。
だってサンタさんにだってなれるんだもん。




その他、サンタ情報。
日本にはアジア唯一の公認サンタクロースがいます。
その名もパラダイス山元さん。
パラダイスさんはサンタに選ばれたおかげで、毎年デンマークで開かれる世界サンタクロース会議へ自腹で行き、ライセンスを更新している模様。そして会議へ行く際、自宅を出るときからずっとサンタの格好をしなければならないという名誉ある条件もあるようです。
パラダイスさん曰く、サンタになるためにはこういうものが大切なようです。
『サンタ精神は「思いやりと絆」。クリスマスは家族という最小単位で絆を確かめあう日です。サンタになれるかどうかは、子供のため、家族のために、どれだけ気合をいれてクリスマスを楽しむかということにつきますね。』


その他、パラダイス山元情報。
1962年11月19日生
北海道札幌市出身
日本を代表するマンボミュージシャン
餃子王(「芸能界で餃子を作らせたら一番上手なのはタモリかパラダイス山元だ」パラダイス談)
マン盆栽(盆栽の鉢に、植物の代わりにフィギュアを立てる芸術)家元
アジア唯一の公認サンタクロース

明治時代のサンタクロース
[PR]
by ecaep_dlrow | 2006-12-25 21:42 | 日記

はろー&ちゅーす

僕がドイツを好きな理由

一、ビールがうまい

一、ソーセージがうまい

一、整然としている(トルコ比)

一、トルコ人いっぱい

一、はろー&ちゅーす


トルコへ帰る飛行機の待ち時間、なぜ僕がこんなにドイツのことが好きなのかを考えていた。

一番の理由は挨拶の言葉。

ドイツでは僕は人に会ったら『はろー』と言った。
その人が知人、他人関係なく。

ドイツでは僕は人と別れるとき『ちゅーす』と言った。
その人が知人、他人関係なく。

はろー

ちゅーす

はろー

ちゅーす

はろー

ちゅーす

はろー

ちゅーす


何度言っても明るくなってしまう。

はろー♪

ちゅーす♪

こんな風になる。


これは実は僕のドイツライフを楽しくした1つの大きな要素である。


ビール買いに行っても

はろー♪ちゅーす♪

雨の日でも

はろー♪ちゅーす♪


出だしの挨拶がすごい楽しく言えれば、その相手の人にも好印象を与えるだけでなく、自分にも良い影響を与えるのです。

はろー♪のテンションで会話が始まると、そこからの会話もそのテンション。
そのまま別れも爽快に、ちゅーす♪


なんて楽しいのだ。


人と会って始めに発する言葉が、その後の会話を左右する。

それは僕らの人間関係をよくし、それ以上に僕らの人生を楽しいものにする。


なんてすばらしいのだろう。


これからはトルコでも

めるはば~~~♪


日本にいるみんなはどんな風に会話が始まりますか?

日本国外にいるみんなはどうですか?


人生を楽しくするあいさつやってこっと♪

じゃあね~~♪

ちゅーす♪
[PR]
by ecaep_dlrow | 2006-12-22 09:13 | 信念

Germany― Cologne, Czech Republic― Prague (13-17th December)

前回の日記の続きです。

ドイツのケルンにはボランティアで会ったドイツ人に会ってきました。

ケルンのビール、ケルシュはうまい。

チェコのプラハには一人旅。泊まったホステル、そしてプラハ城でトルコ人に出会いました。

チェコのビール、ピルスナー・ウルクェルはうみゃー。


このドイツ、チェコの旅で

いっぱいの人にお世話になり、

いっぱいビールを飲み、

いっぱいホットワインを飲み、

いっぱいドネルケバブを食べました。

ありがとうございました。

pictures
[PR]
by ecaep_dlrow | 2006-12-18 23:04 | 旅行

Deutschland―Tubingen, Erlangen, Nurnberg und Heidelberg (1-12th Dezember)

ども。今ドイツにいるshundogです。

ドイツに来た目的は、観光!!ではなく、またしても友達訪問です。
それと休暇。トルコで疲れた頭も心も休ませるために・・・


旅の第一目的、友達訪問はほんま楽しかった。

いろんな人にお世話になりました。
友達、友達の友達、友達の友達の友達
日本人、トルコ人、ドイツ人、ポルトガル人

結局みんな友達!!

ほんとうにありがとうございました。

こんなに素晴らしい人たちに囲まれ、感じたのは使命感。

このすばらしき優しさ、俺ももっともっと伝えよう。


今度はいつみんなに会えるのかな。

今度はどんな人に会えるのかな。

今度はどんなことを感じるのかな。

pictures
[PR]
by ecaep_dlrow | 2006-12-12 06:12 | 旅行

原点

これが僕の原点です。

http://www.youtube.com/watch?v=nbqdxlZr4_0&mode=related&search=

http://www.youtube.com/watch?v=uh8fO5QbOiM&mode=related&search=

http://en.wikipedia.org/wiki/John_Stockton
[PR]
by ecaep_dlrow | 2006-12-06 08:38 | 籠球