<   2008年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

serendipity

serendipity :
the occurrence and development of events by chance in a happy or beneficial way(The Concise Oxford Dictionary)
the natural ability to make interesting or valuable discoveries by accident (Longman Dictionary of contemporary English)

本を読んでいたらこんなに素敵な言葉に出会いました。

例えば、私は昨日机を片付けていたら、手続きし忘れていた国民年金保険料学生納付特例申請の書類を見つけました。serendipityです。*

一生懸命探して、見つからなかったものが、それを探していなかったときに出てくることもありますよね。それもserendipityの一種だそうです。*

他にもserendipityの代表的な例として
アレクサンダー・フレミングによるペニシリンの発見も挙げられます。 『フレミングが培養実験のときに誤って、雑菌であるアオカビを混入(コンタミネーション)させたことが、後に世界中の人々を感染症から救うことになる抗生物質発見のきっかけになった』(wikipediaより)そうです。

2002年にノーベル賞を受賞した田中耕一さんの発見もserendipityだそうです。


今までただの幸運だと思っていたことも、このserendipityという言葉を知ることによって、また違った一面からその出来事を見ることができるかもしれませんね。
その出来事が自分に何をもたらしたのか。もしかしたら潜在意識の自分が今の自分に何かを気づかせようとしてserendipityを起こしたのかもしれません。

serendipityという言葉を知ることによって、自分のふとした行動にも意識が回り、
あっ今のserendipityだ!!
といか言いながら過ごしてみると日常生活がさらに鮮やかになるかもしれませんね。



(*のマークがついたserendipityの例はwikipediaでは、その言葉の理解不足だという風にとらわれています。しかし、僕が読んだ本にはその一例とされていたので載せました。)
[PR]
by ecaep_dlrow | 2008-04-21 15:24 | 言葉

狂ってる

我が家の近くには今、これでもかというほど満開の美しい桜が多く咲いています。


そんな桜の木の中に1本、3週間前ぐらいに満開になって

今は、緑の葉ではなく茶色の葉をつけている木があります。


私は、周りの桜がまだ咲いていないときから1本咲いている桜を見て、

『がんばってるやん。俺もがんばろう。』

また、周りの桜が満開の時には1本茶色の葉をつけてたたずんているのを見て、

『ほんまおもろいやつやな。おつかれさま。また来年もよろしく。』

と心の中で思っていました。



昨日、お父さんと例の桜の木の話をしていたら、

『狂ってる。あの桜はほんま狂ってる。』

言っていました。


父がどういった想いでその言葉を発したのかはわかりませんが、

その言葉は私にとってはなんだか切ないものでした。




どんなに変わっている人、モノを見ても

それを面白いと捉え、興味を持ち、時には称える

そんな姿勢で生きていきたいですね。
[PR]
by ecaep_dlrow | 2008-04-06 15:53 | 信念

夜桜

先日、高校時代のアメリカ人留学生が大阪にやってきました!!!
(といっても彼は今仙台に住んでいますが)

彼の両親がはるばる日本にやってきたということで
ご飯を一緒に食べたり、京都へ行ったりしました。


京都の夜


すんごいですね。
ありがとう京都の方々。
心癒されました。
楽しかったです。

pictures
[PR]
by ecaep_dlrow | 2008-04-04 11:45 | 日記