<   2008年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

世界一の天気予報士

世界にはいろんなタイプの天気予報士がいると思います。


十中八九で予報が的中する人

声がきれいで、しかもわかりやすく説明してくれる人

天気のことだけでなく、僕らの生活の上で必要となる情報を提供してくれる人

つまらないけどギャグをまじえながら予報してくれる人


などなど本当にすばらしい天気予報士はいっぱいいると思います。



でも、僕にとっては

視聴者のみんなの心を晴らしてくれる人が世界最高の天気予報士だと思います。

朝起きて、テレビをつけて、予報は雨でも、その天気予報士を見れば心が晴れる。

そんな風に一日が始まればなんとすばらしいことでしょうか。


さあ、みなさんにご紹介します。

shundogがお勧めする世界一の天気予報士です。

心が曇ってる人は、これを見て晴らしてください。

心が晴れてる人は、もっともっとすがすがしくなってください。

↓それではどーぞ↓
http://jp.youtube.com/watch?v=Yr8rWnhl9kY
[PR]
by ecaep_dlrow | 2008-05-31 15:11 | 日記

出雲大社 平成の大遷宮

2008年5月13日
出雲大社の本殿を見に行ってきました!

出雲大社の本殿には大國主大神(おおくにぬしのおおかみ=だいこくさま)様が
まつられているので本来は入ることができません。
しかし本殿修造のために今は仮殿に移っているため、本殿に入ることができるのです。
前回この様にして本殿に入ることができたのは、実に60年前。

そんなすばらしいところを一目見よう!
中には「八雲の絵」と言われる秘図もあるから見よう!
と思って行ってきました。



出雲大社には本殿に入るには3時間待ちを超えるほどの人が集まっていました。


いよいよ列の最後尾が見えてきました。



― Tシャツ、ジーンズ、ジャージ、短パンなどの服装では拝観できません。


― いやいや、俺らジーパンやけど入れてくれるでしょ。


― ジーパンの方、拝観できません。



入りたかったぁ。
本殿を見に来たメンバーははるばる大阪からやってきました。彼らから

どっかでズボン借りて入ろうか

という案であったり

せっかく朝4時に起きて、5時間以上かけて出雲まで来たのに

という声もありました。



気持ちを切り替えて、

出雲そば食べたり
ワイン飲めないけど出雲ワイナリー行ったり
水木しげる記念館に行こう!と行ったら定休日で閉まってたり
豪雨の中高速の夜道を爆走して帰ってきたり
新しくできた温泉に行ったり

しました。
いや~、楽しかった!

pictures
[PR]
by ecaep_dlrow | 2008-05-26 13:29 | 旅行

ノーベル文学賞受賞作家 オルハン・パムク氏講演会

2008年5月18日
トルコ人作家のOrhan Pamuk氏の講演会に行ってきました!

Orhan Pamukは2006年にトルコで初めてノーベル文学賞を受賞した人です。
日本語訳されている著書も4冊あります。
『わたしの名は紅』
『雪』
『イスタンブール』
『父のトランク』

そんなすばらしい人を一目見よう!
講演後にはサイン会があるからサインもらおう!
と思って参加してきました。



会場には定員の200名を超えているのではないかというぐらいの人が集まっていました。


いよいよ開始時間が迫ってきました。



― 今確認中なのですが、オルハン・パムクさんは体調不良のため、いまだホテルを出発されておりません。みなさまもうしばらくお待ちください。


― いやいや、まあでも来てくれるでしょ。


― 大変お待たせして申し訳ありません。今確認が取れたのですが、オルハン・パムクさんは体調不良のため、講演を行うことができないようです。遠方からお越しいただいた方もいらっしゃるかと思いますが、まことに申し訳ありません。



サイン欲しかったぁ。
講演を聞きに来た人の中には日本に住むトルコ人もいました。彼らから

いくら体調が悪かったと言っても、みんな待ってたんだから会場に来て5分でもいいから話して、誤らなあかんやろ。

という意見であったり

無責任だ。体調が悪くて、講演できないならもっと早く知らせるべきだ。どうせ前日に夜遅くまで飲んどったんやろ。

という意見もありました。

With great power comes great responsibility.
というSpidermanのセリフが思い出されました。

有名になればなるほど、責任も大きくなるのだな。
今の僕は有名でもなんでもないけど、それでもいろんなことで責任を背負っていると思います。
アルバイトするときでも、車を運転するときでも。
Orhan Pamukに比べたらほんまミジンコみたいな責任かもしれないけど、その中でちゃんと果たせていない責任もあります。
一人の人間として、将来大きな責任を与えられたときの準備として、今すべきこと、できることをどんどん攻めの姿勢でやっていこうと思います。
[PR]
by ecaep_dlrow | 2008-05-21 18:01 | 日記

札幌手づくり麦酒

― ピーンポーン、宅急便でーす!

― はーい。

― ここに印鑑お願いしまーす。

― はい。ご苦労様です。

― ありがとうございましたー!

― ありがとー。



届いたのは小さな箱。
よく見るとビールです。

「札幌手づくり麦酒」

なんとおいしそうなビールでしょうか。
早速、箱を開けますとこんな手紙が入っていました。


○○○○様

あなたは、△△△△にふさわしい人材として高く評価されました。
私たちから、喜びと感謝の気持ちをお贈りします。
その名も『よろこびいる』。
ちょっと変わった名前ですが、我々の気持ちがこめられております。
限定品の上、『鮮度』と『キレ』も上質な逸品になっております。
是非、ご家族・ご友人の方とお楽しみください。

△△△△(株) 人事部スタッフ一同



ビールの瓶には人事部スタッフさんたちの写真がラベルとして貼られてありました。


自分の好物のものにつられてしまってはいけないと心の片隅で思ったりなんかもしてますが、
素直に嬉しいですね。ありがとうございます。

今週、工場見学と懇親会がありますが、いっぱいビールを飲んでこようと思います。
楽しみだ。
[PR]
by ecaep_dlrow | 2008-05-18 23:46 | 日記