<   2010年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

アレン・アイバーソン通信 Vol.04

アレン・アイバーソンについてのトルコのニュースを取り上げています。
Geliş nedeni iflas mı?

トルコに来た理由は破産なのか?

フランスのSport24.comというサイトで、Philadelphia Inquirerという新聞が情報源として以下のような話があがっている。
17シーズンもの間、何百万ドルもの大金を稼いでいたアイバーソンは、破産状況に陥ったためにベシクタシュに移籍をした。トルコでバスケットボールをすることに喜びを感じていると感想を述べたアイバーソンは、本当はベシクタシュからの2百万ドルの年俸のために移籍をしたと推測されている。


珍しく?トルコのニュースで記者のコメントがないですね。
このニュースを受けてトルコサイドはどういう風に感じてるのでしょうか。。。
個人的にはそんなことどうでも良くて、アイバーソンが活躍してトルコリーグを盛り上げてくれれば嬉しいですね。
[PR]
by ecaep_dlrow | 2010-11-24 13:04 | 籠球

アレン・アイバーソン通信 Vol.03

アレン・アイバーソンに関するトルコのニュースを取り上げています。
Fener düşeş attı

Beşiktaş v.s. Fenerbahçe
1Q. 21-27
2Q. 35-40
3Q. 53-53
4Q. 67-74

アイバーソンの得点は1/6で2点だったとのこと。
[PR]
by ecaep_dlrow | 2010-11-22 13:00 | 籠球

アレン・アイバーソン通信 Vol.02

アレン・アイバーソンに関するトルコのニュースを取り上げています。

Iverson’ın hatırına!


アレン・アイバーソンの獲得で世界へ大きな宣伝効果を生んだベシクタシュは、
スター選手のおかげでまた1つ”トルコ初”を生み出そうとしている。
NBA TVに放映権を売るのである。

NBA TVは1試合1万米ドルで放映権を買う予定。
その放映権はトルコバスケットボール協会へ支払われる予定だったが、
ベシクタシュが反対したため、一度は協会へ払われるがそのお金はベシクタシュへ流れるということになったそうだ。NBA TVはベシクタシュの試合を全世界に放映することを表明している。

また、ベシクタシュのマネージャー達は試合のチケットが完売したことにも驚き、喜んでいる。
何しろベシクタシュの試合のチケットが完売し、ブラックマーケットで売りに出されていることは
おそらく初めてだったのである。
[PR]
by ecaep_dlrow | 2010-11-20 15:29 | 籠球

出会い

僕には3人のおばあちゃんがいます。

1人はお父さんのお母さんで天国にいます。
1人はお母さんのお母さんで福岡にいます。

1人は新幹線で知り合ったおばあちゃんで福山にいます。

広島駅から福山へ新幹線で30分。
そこで出会いました。

声をかけたのは僕。

「そこやったらあれやから、こっち来て壁にもたれててください。」
満席の新幹線。通路でふらふらしているおばあちゃんに僕は声をかけた。

そこからおばあちゃんはどこへ向かっているのか、何歳なのか、というような話や、
どのような戦争体験をしたのかという深い話までしました。

おばあちゃんも僕も降りる駅は福山。
新幹線を降りて改札を出るまでしきりにおばあちゃんは僕のことを心配してくれていた。

「泊まるところはあるの?」「ご飯食べにいく?」「お金あるの?」
(後日聞いたところによると、僕が新幹線で歯を磨いたり、顔を洗ったりしていたので、この人は旅するお金とかあるんかいなと心配してくれてたようです。笑)

「大丈夫やで~。ありがと~。」

僕とおばあちゃんは2ショット写真を撮って別れました。


後日、その写真をおばあちゃんへ送る。

そこからおばあちゃんと僕の交流が始まる。

週に1回は電話。

電話をする度、おばあちゃんは喜んでくれる。
養子に来ないかとまで言われた。笑

80歳ですごくはきはきしてて元気なおばあちゃんだけど、
親族が誰一人いないようで。今や僕だけということである。

とにかく元気でいて欲しいものです。


出会いって本当にどこで見つけるかは自分次第。
出会った人、仲間の数が人生の宝物になるんですね。

あと人生70年ぐらいかな。
思いっきり仲間増やして、ええ人生つくりあげていきます!

<先日おばあちゃんからきた贈り物>
d0065317_13584498.jpg

[PR]
by ecaep_dlrow | 2010-11-20 14:00 | 日記

Facebookが大活躍

トルコで起きたFacebookが大活躍したニュースです。
facebook’tan ‘beni yakalayın’ dedi!


様々な盗難容疑で疑われていた男性がFacebookを使ったおとり捜査で捕まったというニュース。
男は3年間、身分証明書などを偽造して、逃げていた容疑者。
その容疑者はなんと実名でFacebookをやっていたのです。
そこで警察は女性のフリをしてその男に友達申請をする。
その後1ヶ月連絡をし合ったところ、男から会いたいとの連絡をもらいカフェで待ち合わすことに。
Facebookで知り合った"彼女"に会えると思いカフェに現れた男を警察が取り押さえる。

というなんともいえないニュースでした。
男の気が抜け具合はもちろん、Facebookが警察の捜査に使われるなんて
すごい時代ですね。
[PR]
by ecaep_dlrow | 2010-11-16 12:53 | 日記

まずは人間性

トルコのプロバスケットボールリーグへ移籍したアレン・アイバーソンに関する記事です。
ÖNCE İNSAN

要約すると・・・

アイバーソンが移籍の調印式で着たユニフォームを、
チームが記念品として欲しいことを伝えると断られた。

アイバーソンが断った理由は、
そのユニフォームにサインしてアメリカに送って、オークションにかけ、
売れたお金を貧しい子供たちの教育のために寄付するからとのこと。

それを聞いたチームの幹部の人たちは、
アイバーソンのバスケキャリアだけじゃなく、素晴らしい人間性をみて
あぁ、良い人を移籍したもんだと喜びました。

ってゆう記事です。
すごいトルコっぽい記事なんで載せました☆
[PR]
by ecaep_dlrow | 2010-11-14 11:36 | 籠球

乳児死亡率

昼休みにトルコのニュースを見ていると
うーーーんって思ったことがありました。

トルコでは毎年約130万人の赤ちゃんがこの世に生まれる。
そのうちの
5万7千人は1年たたないうちに、
7万1千人は5歳になる前に、
命を落としているようです。。。
Türkiye’de her gün 150 bebek ölüyor


うわぁぁぁって思って世界各国のデータ見たら、乳児死亡率・国別順位(2010年)でトルコは98番目。
もっともっと状況の良くない国はあるんだ。。
ちなみに日本は178番目。
乳児死亡率・国別順位 - 世界保健機関(WHO)世界保健統計(2010年)

日本におったら実感しないけど、ほんま幸せな国に生まれた。
自分の使命、見つけよう。
[PR]
by ecaep_dlrow | 2010-11-09 13:00 | 日記

東京R不動産

11月6日、遊び心をビジネスにしている人たちのセミナーを聞いてきました。

そのうちの一人に馬場正尊さんという方がいました。

東京R不動産の社長さん。
会社のHPを見てもらったらわかるんですけど、遊び心があふれるHP。
そして遊び心があふれる家達。

いやーーー!すごい!
房総に土地を買ってそこに住んだら海も近いし、
東京にも出やすいって気持ちで建てた家。
その周りには、それいいなぁってゆってどんどん賛同する人が集まって
今やちょっとした町になってるみたい。
すごいですね!!

URLを貼っときますので、検索条件のアイコンも見て楽しんでください。(房総R不動産の検索条件がおもろい)
東京R不動産
房総R不動産
[PR]
by ecaep_dlrow | 2010-11-08 23:34 | 芸術

あきらめのライセンス

富永浩義 『すごいチーム』より。

  目標を達成しようとしたときにどうしてもうまくいかなくって、それを手に入れるのをあきらめようとすることがあります。
  でも僕の主張では、あきらめるのにも資格が必要です。目標達成をあきらめる資格がないチームが、無許可であきらめることは禁止です。・・・
  ・・・「あきらめのライセンス」はどうやったら手に入るか?そう、その仕事にチームが一丸となって、「もう、以上はできない」レベルまでやり尽くしたときに、初めてそのライセンスが手に入ります。・・・
  ・・・「成功するほど本気で」取り組めば、普通、成功します。・・・
ほんまに最近思うのですが、失敗=諦めなんですね。
成功への道でのつまずきは失敗ではなく、学び!!

すごいチーム―結果を出すチームマネジメント12の方程式すごいチーム―結果を出すチームマネジメント12の方程式富永 浩義

おすすめ平均
starsすごい会議は会議術ではなくチームマネジメントスキルだ。
stars読みやすい&わかりやすい!
starsぼくでもできる『すごい会議』
starsチームワークがうまくいっていないと感じている人必読です!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[PR]
by ecaep_dlrow | 2010-11-08 00:04 | 信念

自分で何かを決める

本読むのって楽しいですね。
富永浩義 『すごいチーム』より。

  一般的に人は、大きな成果を出せと命令されたとき、外部からエネルギーチャージ(栄養ドリンクや特別ボーナス、自分へのごほうびなど)をしようとします。エネルギーチャージをしないで、今あるエネルギーレベルで動こうとすると、本人や周りが望むほど大きな成果が出にくいことが多いです。
 ところが、自分で何かを決めると、自分の内部からエネルギーが湧いてくるので外部からエネルギーチャージをしなくてもうまくいく傾向が高いです。
自分でこれをやるって決める。ほんま大切やんね。

自分で決断して内部から湧いてくるエネルギーを感じる。

何のためにやるの?
それをやったらどうなるの?
イメージしてわくわくして、そのエネルギーはまたいっそう大きくなる。

そこに仲間という最高のエネルギーチャージがあれば、、、
無敵や~~!最高!!
[PR]
by ecaep_dlrow | 2010-11-04 21:08 | 信念