任せる

10月12日のリーグ戦最終試合をもって、僕のバスケ部生活が終わりました。

バスケ部生活、特にリーグを戦う中で気づいたこと
それは任せることの難しさ


他のチームメイトに任せればいいや

自分に体力がないからといって速攻をあまり走らない自分がいました。
でもそれはただ単に自分の限界を決め付けているだけでした。


自分の好きなプレーをしよう

自分がシュート打てるからといってさらに良いセレクションを選ばない自分がいました。
プレーの理解度上げ、視野を広げるチャンスを妨げていたのかもしれません。


高校生の時にバスケやめてなかったら、大学1年からバスケ部に入っていたら、
このことにもっと早く気づけて、もっと上手にバスケできたかもしれない。
いやバスケのほかにもいろいろやったからこのことに気づけたのかもしれない。
それはわかりませんが、ただ単にもっと上手にバスケがしたかったです。
もっと努力しとけばよかったです。チームの皆ともっと勝ちを味わいたかったです。


こんな悔しさをもう一度バスケ部に入ってそそぐことはできませんが、
こんな悔しさをもう二度と味わわないようにこれからのことに立ち向かっていきます。


任せることによって自分の限界を決め付けるのではなく、
人の能力、時の状況を判断し、最高のものを成し遂げるために任せたい。

なんとなく、無意識に人に任せて、楽をするのではなく、
自分を成長させるためにできることなら、それを自分自信に任せて突き進みたい。


この4ヶ月間楽しかったぁーーー!!
[PR]
# by ecaep_dlrow | 2008-10-14 10:52 | 信念

Randy Pausch Last Lecture: Achieving Your Childhood Dreams

今日テレビで紹介されていたすばらしい動画をみんなとシェアしたいと思います。

癌に侵され余命が3~6ヶ月と宣告されたRandy Pauschが大学で講じた最後の授業です。


この動画はちと長いですから、時間があるときにどうぞ。
http://jp.youtube.com/watch?v=ji5_MqicxSo


彼の最後の授業は日本語でも本になっているみたいですよ。

日本語字幕付き動画もありました!!
http://jp.youtube.com/watch?v=nrFMRuB2lbA
[PR]
# by ecaep_dlrow | 2008-09-10 11:37 | 信念

august

0803-04 Shining Summer in 栃木県那須塩原
d0065317_10421768.jpg
内定先の合宿に行ってきました。
那須塩原という有名な温泉地へ行ったんですが、
温泉なんかそっちのけでグループワークに熱中しました。
「了解なき了解」 話の抽象度が高いと誤解を招く可能性が高くなることや、ミスコミュニケーションは基本的に全て自分の責任で起きるんだと意識して自分を改善していくことや
「戦略の大切さ」 ①ゴールの設定、②期限の設定、③戦術の構想 これらを事前にすることによって、Ⅰ時間的、人員的効率化、Ⅱ成功理由が明らかになり繰り返し実現できるという再現性、Ⅲ自分以外の人も成果を上げられるという仕組み化という3つのメリットが得られることや
「コンセンサス」 妥協せず、自分の感性をゴリ押しせず、全員が対等な立場で、それぞれの意見の相違は当然とし、その相違点を明確にして、みんなの総意、コンセンサスを導き出すことによって、時間や労力はかかるものの、目標を共有でき、当事者意識を生成することができるということや
行動、意識、自分、未来という変えられることにエネルギーを集中させることの大切さを学びました。

0807-08 出雲大社、後楽園
d0065317_11151234.jpgd0065317_1115332.jpg
d0065317_11154787.jpgd0065317_1116957.jpg
d0065317_11162075.jpgd0065317_11163499.jpg
大阪を22時に出て、出雲大社には3時ぐらいから並んで待って、ついにリベンジを果たすことができました。出雲大社の本殿を拝観することができたんです。次は60年後に孫を連れてこれたらええな~。帰りに岡山へ寄り道して後楽園にも行ってきました。
出雲、岡山とどこへ行ってもジャンプしまくりましたね。

0809-11 Jammers Camp in 和歌山県白浜
d0065317_11241642.jpg

0812-18 バスケ部合宿 in 長野県戸狩
d0065317_1126487.jpg

0823-25 たれヤマト合宿 in 三重県鳥羽
d0065317_11282898.jpg
とにかくバスケサークルの合宿、バスケ部の合宿、練習、そしてまたバスケサークルの合宿とバスケづくしでした。学生生活最後の夏休みやし、どの合宿も参加したかったから、うまいこと日程もかぶらずにすんでよかったです。


0827 阪神vs中日
d0065317_11324330.jpg
負けましたよ・・・不調阪神9月末にも応援行くから、その時に優勝決めてね!!!

0830 関西組内定者花火
d0065317_11345238.jpg
ああやって自分らで花火するのかなり久しぶりやったからむっちゃ楽しかった~♪
月1回のペースで集まれてて嬉しいな☆

0902 And1 MIXTAPE TOUR 2008 in Japan
d0065317_11375365.jpg
いやはや、ほんまにすごいエンターテイメントでした!
むっちゃ楽しませていただきました。MCが面白すぎてよかった~
[PR]
# by ecaep_dlrow | 2008-09-05 11:53 | 日記

おにぎり食べたーい

先日、バスケットボールの練習試合で怪我をして、救急車で病院に行きました。

受け入れ先が見つからないときに、
救急隊員の人が「これが噂のたらい回しですよ。」
と言ったことの他にもう1つ考えさせられることがありました。


治療後、保険証を持っていなかった僕は、37,392円という大金を請求されました。
とりあえず持っていた10,000円を払い、後は今度保険証を持ってくるということで
その時に3割負担で精算してくれることになりました。

その日、僕は誓約書を書かされました。
残りの27,392円を7月31日までに支払うことを約束する文書です。
(もちろん、保険証を持っていくと、3割負担分だけでいいので、27,392円というのは実費の場合という但し書きのもと)

モンスターペイシェントという言葉がありますよね。
治療費をいろいろ文句つけたりして払わない人も中にはいるそうです。
そういった人たちへの対策として誓約書を書いてもらっているのでしょう。


さて、本題はここから。
最近、よく耳にするモンスターペイシェントやモンスターペアレント、
医療費や給食費を払わない人たちもこう呼ばれますよね。

僕は今までこのような人たちに対して、
「何で払わんねん。」だとか「モラルハザードや。」という風に考えていました。
彼らみんなは、お金は持っているんだけど払わないんだと決め付けていました。

湯浅誠 著 反貧困―「すべり台社会」からの脱出
堤未果 著 ルポ 貧困大国アメリカ
という本を読んで少し見方が変わりました。

実際には、給食費に払うお金すら持ってない人もいるのではないでしょうか。

ワーキングプア層と呼ばれる働く貧困層の人たちの多くは、
非正規雇用という不安定な雇用状況で働き、
雇用保険にも加入せず、失業給付も受けれないそうです。

こういった人たちの存在に気づかされました。
彼らに自己責任論を投げかける人もいます。

今までがんばって働いてこなかったからそうなったんだ。
今からがんばって働けば、その状況は打破できる。
自分で選択してそうなったんだろ。

生まれた家がもともと貧乏で、
小中学生の時に、親を亡くし、
頼れる親戚もなく、
低い経済力によって良い教育が受けれず、(上記の本にこれを証明する調査結果が載っていました)
派遣などの不安定な非正規雇用で働き、
なおかつ、体が病弱であれば、
その人に選択肢はあったといえるのでしょうか。
自己責任論で終わらせていいのでしょうか。

残念ながらわが国日本は、
こういった人たちに対して手厚い支援をしている国、社会とはいえないようです。

2007年7月10日に死後1ヶ月のミイラ化した遺体で発見された男性の最後の日記にはこう書かれていたようです。
「おにぎり食べたーい」

男性は肝硬変を患い、働けなくなり、約4ヶ月は生活保護を受給していたのですが、
福祉事務所から厳しい就労指導の末、保護を辞退したそうです。
後にこの福祉事務所長は保護責任者遺棄致死罪として告発されたそうです。

他にもこのような福祉事務所の生活保護受給志望者に対する悪質な対応は、数多くあるようです。


まず知ることが第一歩だと思うので、
みなさんも少し興味を持ってくれたらと思います。
ぜひ本も読んでくださいね。
湯浅誠 著 反貧困―「すべり台社会」からの脱出
堤未果 著 ルポ 貧困大国アメリカ

pictures
[PR]
# by ecaep_dlrow | 2008-07-25 14:30 | 日記

井上雄彦 最後のマンガ展

d0065317_1122562.jpg


このマンガ展の存在はずっと知っていました。

思っていました、行きたいなぁと。

木曜日に髪を切りに行きました。
そのとき、美容師さんがBRUTUSという雑誌を渡してくれて
そこには井上雄彦の特集がありました。
なんと最終日は7月6日の日曜日。

金曜日に東京へ行く予定がもともとあったので、
これは行くしかない!
武しゃんが呼んでいる!
ということで、予約していたバスを変更して
木曜日の夜行に飛び乗り行ってきました。

会場の上野の森美術館に着いたのは8時半。
僕が並んだのは552番目。
当日券にも限りがあると聞いていたので、入れるかどうかかなり不安でしたが、
12時半~13時半の間にチケットが買えるという整理券をもらって
13時前には入ることができましたーーーー!!


今まで正直言うと、雄しゃんの絵を芸術として見ていませんでした。
この最後のマンガ展で初めて、芸術として見て、すばらしいと思いました。
線でここまで描けるものなのか・・・
太い線、細い線それらの複雑な組み合わせで、
あんなに臨場感のある絵、現実味あふれる絵が描けるのか・・・

美術館全体に配置された、マンガを読んで歩く。
空間マンガ。

僕は、本当に感動して、
3回ほど泣きそうになりました。

ありがとう雄しゃん。
[PR]
# by ecaep_dlrow | 2008-07-06 11:33 | 芸術

阪神 8-3 中日

どうも、ミーハー阪神ファンのshundogです。

昨日、7月1日に阪神戦を初観戦してきました!
友達の友達の・・・って感じでチケットを入手し、行ってきました☆

楽しむ気まんまんで、阪神の応援歌の歌詞をコピーし、
ビールを飲みながら甲子園に向かいました。

試合では、
予想通り崩れていくアッチソンの姿や
アニキのホームラン、

そしてなんと
久保田にジェフに藤川の姿もみることができましたー!!


何万人もいる観客が1つになって応援している、その中に入ることができてほんとによかったです。
最後に六甲おろしを歌い終えたら、隣にいた見知らぬ人たちとすがすがしい握手をしました。
試合途中、トイレに立つ人たちに背中を蹴られようが、足を踏まれようが、
何か1つのことに一緒に一生懸命向き合って、
そこで良い結果が生まれたときの気持ちの良さや、
一緒に頑張った人たちとのつながりのできる早さを
感じることができました。


やっぱりスポーツっていいですね。

最後になりましたが、
チケット入手してくれたAさん、
チケットをくれたNさん、
ほんとうにありがとうございましたー♪

pictures
[PR]
# by ecaep_dlrow | 2008-07-02 22:44 | 日記

出雲大神宮 夏越大祓式

水無月の夏越(なごし)の祓(はらえ)する人は

          千年(ちとせ)の命延ぶといふなり


出雲大神宮に行ってまいりました。
出雲といっても、島根にある、出雲大社ではありません。
京都は亀岡にある、出雲大神宮です。

そこで6月30日に夏越大祓式があるということで、参加してきました。

大祓式では
大祓詞を詠み
紙ふぶきのような紙とわらを自分の体にふりかけ(順番は左、右、左)
人型の紙を「祓ひたまへ、清めたまへ」と3度唱えながら、自分の体にこすりつけ、息を吹きかけ
茅の輪(ちのわ)の中を上の古歌を詠いながら、3度通り(回り方は左、右、左)
最後に茅の輪をくぐるときは、「蘇民将来(そみんしょうらい)、蘇民将来」と唱えます。


また、式に参加できない人や自分の家族の分もお祓いしてほしい人は
事前に、人型の紙に、お祓いしてほしい人の名前とその人の数え歳を書いておくと
式で一緒にお祓いしてくれます。



以前、出雲大社に行ったメンバーと出雲大神宮に行ったのですが、
前回とは打って変わって、神聖な場所では礼儀正しくしました。

大祓式以外には、
大神宮本殿の背後にある御神体山を少し登って、パワーストーンから力をもらったり
猪肉料理の店・喫茶 七福で、七福丼(猪丼)を食べて暴れまわったり
道の駅ガレリア亀岡で、亀岡牛コロッケ食べたり、七夕の短冊に願い事書いたり、そこにいた子供たちとボールの取り合いして遊んでたら、「ここは体育館やないんやぞ」と警備員に怒られたり、誰かさんがデジカメ忘れたりしました。

楽しかった~

pictures
[PR]
# by ecaep_dlrow | 2008-07-01 11:48 | 旅行

心を決める 弐

ちょうど一年前の6月に書いた心を決めるという日記を書きました。

そのときは、メタボを治そうと思っていたら、楽しくなって、こいつには負けたくない、
もっとうまくなりたいと思って、決心をしました。


今回ももちろん、もっとうまくなりたいと思っています。

でもきっかけは今のチームの公式戦を観に行ったときに、すごい悔しい思いをしたからです。

後輩が負けるのをみて、本当に悔しかったです。

自分が入れば、チームに大変革を起こすことができるだなんて、そんなうぬぼれはありませんが、

彼らのために、彼らと一緒に変えていこう、と思いました。



まずは自分の体を変えないといけないんですけどね。

バイトとかの環境も整えないといけないし。

あっ、ちなみにサークルのみなさん、去年とは違って合宿は行くので大丈夫です☆

よぉーし、まだいつから本格的にやれるかは未定やけど、がんばるぞ~!!
[PR]
# by ecaep_dlrow | 2008-06-03 10:40 | 籠球

世界一の天気予報士

世界にはいろんなタイプの天気予報士がいると思います。


十中八九で予報が的中する人

声がきれいで、しかもわかりやすく説明してくれる人

天気のことだけでなく、僕らの生活の上で必要となる情報を提供してくれる人

つまらないけどギャグをまじえながら予報してくれる人


などなど本当にすばらしい天気予報士はいっぱいいると思います。



でも、僕にとっては

視聴者のみんなの心を晴らしてくれる人が世界最高の天気予報士だと思います。

朝起きて、テレビをつけて、予報は雨でも、その天気予報士を見れば心が晴れる。

そんな風に一日が始まればなんとすばらしいことでしょうか。


さあ、みなさんにご紹介します。

shundogがお勧めする世界一の天気予報士です。

心が曇ってる人は、これを見て晴らしてください。

心が晴れてる人は、もっともっとすがすがしくなってください。

↓それではどーぞ↓
http://jp.youtube.com/watch?v=Yr8rWnhl9kY
[PR]
# by ecaep_dlrow | 2008-05-31 15:11 | 日記

出雲大社 平成の大遷宮

2008年5月13日
出雲大社の本殿を見に行ってきました!

出雲大社の本殿には大國主大神(おおくにぬしのおおかみ=だいこくさま)様が
まつられているので本来は入ることができません。
しかし本殿修造のために今は仮殿に移っているため、本殿に入ることができるのです。
前回この様にして本殿に入ることができたのは、実に60年前。

そんなすばらしいところを一目見よう!
中には「八雲の絵」と言われる秘図もあるから見よう!
と思って行ってきました。



出雲大社には本殿に入るには3時間待ちを超えるほどの人が集まっていました。


いよいよ列の最後尾が見えてきました。



― Tシャツ、ジーンズ、ジャージ、短パンなどの服装では拝観できません。


― いやいや、俺らジーパンやけど入れてくれるでしょ。


― ジーパンの方、拝観できません。



入りたかったぁ。
本殿を見に来たメンバーははるばる大阪からやってきました。彼らから

どっかでズボン借りて入ろうか

という案であったり

せっかく朝4時に起きて、5時間以上かけて出雲まで来たのに

という声もありました。



気持ちを切り替えて、

出雲そば食べたり
ワイン飲めないけど出雲ワイナリー行ったり
水木しげる記念館に行こう!と行ったら定休日で閉まってたり
豪雨の中高速の夜道を爆走して帰ってきたり
新しくできた温泉に行ったり

しました。
いや~、楽しかった!

pictures
[PR]
# by ecaep_dlrow | 2008-05-26 13:29 | 旅行