出会い

僕には3人のおばあちゃんがいます。

1人はお父さんのお母さんで天国にいます。
1人はお母さんのお母さんで福岡にいます。

1人は新幹線で知り合ったおばあちゃんで福山にいます。

広島駅から福山へ新幹線で30分。
そこで出会いました。

声をかけたのは僕。

「そこやったらあれやから、こっち来て壁にもたれててください。」
満席の新幹線。通路でふらふらしているおばあちゃんに僕は声をかけた。

そこからおばあちゃんはどこへ向かっているのか、何歳なのか、というような話や、
どのような戦争体験をしたのかという深い話までしました。

おばあちゃんも僕も降りる駅は福山。
新幹線を降りて改札を出るまでしきりにおばあちゃんは僕のことを心配してくれていた。

「泊まるところはあるの?」「ご飯食べにいく?」「お金あるの?」
(後日聞いたところによると、僕が新幹線で歯を磨いたり、顔を洗ったりしていたので、この人は旅するお金とかあるんかいなと心配してくれてたようです。笑)

「大丈夫やで~。ありがと~。」

僕とおばあちゃんは2ショット写真を撮って別れました。


後日、その写真をおばあちゃんへ送る。

そこからおばあちゃんと僕の交流が始まる。

週に1回は電話。

電話をする度、おばあちゃんは喜んでくれる。
養子に来ないかとまで言われた。笑

80歳ですごくはきはきしてて元気なおばあちゃんだけど、
親族が誰一人いないようで。今や僕だけということである。

とにかく元気でいて欲しいものです。


出会いって本当にどこで見つけるかは自分次第。
出会った人、仲間の数が人生の宝物になるんですね。

あと人生70年ぐらいかな。
思いっきり仲間増やして、ええ人生つくりあげていきます!

<先日おばあちゃんからきた贈り物>
d0065317_13584498.jpg

[PR]
by ecaep_dlrow | 2010-11-20 14:00 | 日記


<< アレン・アイバーソン通信 Vo... Facebookが大活躍 >>